顎のたるみは美容整形に相談!【加齢の悩みを解決】

医者
  1. ホーム
  2. 余計な脂肪を取り除こう

余計な脂肪を取り除こう

顔を触る人

セルフケアより簡単便利

下を少し向いただけでも顎が二重になってしまうなど、二重顎に悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。この部分はマッサージをしてもなかなか改善する事が出来ず、結局は写真を撮る際など隠して細く見せていると言う人も多くいるでしょう。この顎のたるみの原因は色々ありますが、一番多いのが加齢に伴い筋力の低下による肌のたるみです。年齢が上がれば、その分どんどん筋力が低下してしまいます。その為、筋力が低下してしまえば皮膚を支える事が出来なくなってしまい、結果的に皮膚にたるみが生じてしまい、二重顎状態になってしまうのではないでしょうか。そんな顎のたるみを取り除く為には美容整形が大変便利です。セルフケアではなかなか改善出来ない脂肪を、施術によりしっかりと解消してくれるでしょう。そんな美容整形ですが、施術の種類も一つではありません。まず切らない施術には超音波によるたるみ解消や糸を使用したリフトアップがあります。超音波を使用する施術ではたるみの気になる部分に超音波を当てる事で皮膚を引き締め、熱の刺激によりコラーゲン生成を促進する事が出来るでしょう。施術後は腫れなども出ず、自然な仕上がりになっています。また、施術直後からメイクをしても大丈夫なので、普段と変わらない生活を送る事が出来るでしょう。糸を使用した施術では特殊加工された糸を使用し、肌をリフトアップさせる方法です。糸を挿入する事で、肌本来の持っている自然治癒力を高める事が出来、糸でしっかり肌を引き上げる事で顎のたるみを覗いて行きます。糸は溶ける糸を使用する場合と溶けない糸を使用する場合がありますが、持続性は溶けない糸を使用した方があるでしょう。メスを使用した施術では、皮膚の一部を切開し、余計なたるみを取り除いていくフェイスリフトがあります。この方法は髪の毛で見えない部分の皮膚を切開し、たるんだ皮膚や余計な脂肪も一緒に取り除いていく方法です。メスを使用する方法ですが、髪の毛で隠れるのでそれ程目立つ事はありません。また、皮下脂肪もしっかり取り除くので持続性に優れています。この様に顎のたるみを取り除く方法はいくつかあります。それぞれの施術に特徴があるので、どの方法が自分にとってのベストなのかをしっかり判断する事が大切です。顎にたるみが出てしまうと、顔が大きく見えてしまったり、老けた印象に見えてしまいます。セルフケアでしっかり脂肪を取り除く事が出来れば良いのですが、出来ない場合は手軽な美容整形を利用してすっきりを手に入れましょう。また、各クリニックではカウンセリングを無料で行っています。そこで施術について色々確認してみましょう。また、その際、1つのクリニックだけではなく、複数のクリニックにカウンセリングに行ってみる事をお勧めします。カウンセリングに行くだけでも、クリニックの雰囲気であったりドクターの人柄を知る事が出来ます。やはり一度クリニックの雰囲気を見てみる事は大切です。スタッフの対応やドクターとの相性など、安心して施術を受ける上でとても大切な部分になるのでチェックする事をおすすめします。