顎のたるみは美容整形に相談!【加齢の悩みを解決】

たるみをとったらすっきり小顔に

自信を持つために

医者

顎のたるみは自分の努力で解決することも、隠すことも難しいものです。美容整形外科の技術は進歩しており、注射により脂肪細胞を溶解して顎のたるみを解決できるようになっています。一つでもコンプレックスを解消し明るい生活を送ることが期待できます。

フェイスラインをすっきり

婦人

見た目を大きく変えてしまう顎のたるみは誰でもすっきりと解消したいと考えるでしょう。そんな時は美容整形を受けて解消する事をおすすめします。施術の方法も様々あるので、どの方法は一番合うのか、是非しっかりクリニックで相談してみましょう。

余計な脂肪を取り除こう

顔を触る人

余計な脂肪が顎についてしまうとたるみが生じて見た目にもあまり良くありません。そんな顎のたるみは美容整形で改善しましょう。施術の方法にはメスを使用するもの、使用しないものがありますが、ドクターに相談しながらしっかり選びましょう。

メスを使わずに解消できる

カウンセリング

費用と効果で決める

顎のたるみがひどくなると二重あごになり、太って見えることや実年齢よりも上に見られてしまいます。エクササイズやスキンケアである程度たるみを改善することはできますが、短期間で効率的に解消したいのであれば美容整形も考えましょう。美容整形といっても、必ずしもメスを用いた大掛かりな手術が必要であるわけではありません。近年は飛躍的に整形技術が進化していて、メスを使わずに済む様々な施術方法が編み出されています。顎のたるみにはいくつかの原因が考えられますが、それぞれ適した施術方法は異なるので、まずは自身のたるみの原因をハッキリとさせましょう。顎がたるむ原因の一つとして挙げられるのが、加齢です。40歳を超えると肌の水分が失われ、反対に脂肪が溜まりやすくなります。そのため、顎の下に余分な脂肪が蓄積されて、二重あごを引き起こします。若い人でも脂肪をためやすい体質であれば二重あごを引き起こすことがあるため、顎下の皮膚をつまんで2センチ近くある人は脂肪を疑いましょう。他にも、加齢や脂肪ではなく元々の骨格が原因で二重あごを引き起こすこともあります。顎そのものが後退している場合には、骨格を修正する必要があるため、切開して顎の骨を正しい位置に戻す手術が必要となるでしょう。加齢や脂肪が原因で二重あごとなっている場合には、簡単な施術で改善できる場合があります。例えば、体に過度な負担をかけることなく、施術費用も安く抑えたいのであれば、体の外側からレーザーを照射する方法がおすすめです。ラジオ波や超音波を用いた方法で、レーザーを当てることで熱エネルギーを与え、皮下脂肪の燃焼を促すというものです。体にメスを入れる必要はないため、安全に施術を行うことができます。数回に分けて施術を行う必要がありますが、ダウンタイムが発生しないのでスキマ時間にも利用できるのが嬉しい点です。まれにやけどを引き起こすことはありますが、美容整形外科では専門の医師が施術を行ってくれるので、大事に至ることはないでしょう。初めて美容整形に挑戦するという人は、レーザー治療から試してみて下さい。直接皮下脂肪にアプローチしたいのであれば、脂肪溶解注射を用いた方法もおすすめです。その名の通り脂肪を溶かせる薬剤を直接皮下に注入するという方法で、従来は術後の腫れが問題視されていましたが、近年は腫れが少なく済む薬剤も登場しています。注射器を皮膚に刺す事になりますが、切開する施術に比べれば肌に対する負担は格段に少ないといえます。また、術後一週間程度は軽い腫れが発生しますが、高い効果が望めるため、レーザー治療では満足できなかったという人には最適な施術だといえるでしょう。施術費用はそれぞれ美容整形外科によって異なりますが、目安としてはレーザー治療で10万円から20万円、脂肪溶解注射は6万円から16万円が一般的です。レーザーの種類や脂肪溶解の薬剤を選択することで、費用を安く抑えることは可能です。反対に、費用は高くてもいいから高い効果を得たいなど、要望があれば施術前に医師に伝えておきましょう。医師との相談の上で、最適な施術方法を試してみて下さい。